イタチを駆除する

都市部におけるイタチ被害

イタチは、北海道を除いた全国各地の山間部の河川近傍に生息することが多いと言われていました。しかし、北海道も、本州からの侵入種により、生息が確認されていますので、現在は、全国に生息することになります。その生態系は、土中に穴を掘って巣を作って、その巣を中心として活動します。イタチは、夜行性で、川沿いにあるカエルや、ネズミ、及び昆虫といったもののほか、小魚といったものもエサとしている雑食性の動物です。そのイタチが地方だけでなく、都市部にも出没するようになってきたため、イタチ駆除の必要性が高まってきました。たとえば、家屋の屋根裏に住み着いて繁殖する場合、糞尿被害の他、断熱材に損傷を与えたり、生ゴミ被害といった事象も確認されています。そこで、これらのイタチ被害をなくすため、イタチの生息が確認されましたら、イタチ駆除を行う必要があります。

イタチ駆除における留意点

一般的に、都市部に出没するイタチは、外来種のチョウセンイタチと言われています。チョウセンイタチは、日本生態学会が定めた外来種の中でも、特に生態系への悪影響を及ぼすと言われる「日本の侵略的外来種ワースト100」に指定されています。イタチ駆除は、専門業者に依頼することが望ましいです。これは、イタチには、学習能力がありますので、素人による一時的な駆除は、恒久対策に至らない可能性があるためです。そして、侵入経路も、人目のつかないところに作って、容易に侵入する場合もあります。さらに、このような駆除を必要とするイタチですが、イタチ駆除を行う地域によっては、指定の様式に準拠した捕獲申請を必要としていますので、注意が必要です。もし、イタチを家屋近傍で確認して、被害が確認されましたら、イタチ駆除専門業者に連絡して、適切な駆除を行うことが望まれます。