ハクビシンとは

家にハクビシンが入り込んでしまったら

もし、家の中にハクビシンが入り込んでしまったら、素人の手ではどうしようもありません。ハクビシンは屋根裏や壁の隙間に入り込み、夜間に活動しますので、専門業者にその駆除を頼む以外に方法がないのが現状です。 ハクビシン駆除を請け負ってくれるのは、専門の害獣駆除業者ですが、個人で見つけられない場合は、市役所などの行政に頼むと、委託の業者を派遣してくれます。 または地元の猟友会にハクビシン駆除を依頼すると言うケースも。 罠猟の免許を持っている会員の方に、罠を仕掛けてもらい、駆除を手伝ってもらうという形になります。 罠はホームセンターなどで手に入りますが、使用は私有地に限られていたり、大型の物は罠猟の免許が必要になりますので、個人で行うことは基本的には出来ません。

ハクビシン駆除にかかる費用

ハクビシン駆除にかかる費用は、業者事に異なりますが、市区町村に依頼し、業者を派遣してもらうと10万円以上の費用がかかるのが一般的です。 これらの内訳は申請代行費、ハクビシンの回収処理費用(一匹ごと)が総額で8万円以上かかり、これはただ単に入り込んだハクビシンを回収してもらうというだけの代金です。 追い出しや侵入口をふさいでもらう工事費用、糞や巣、それに発生したノミやダニの撤去と駆除費用、殺菌や消毒の費用などもかかる場合があるので、業者に頼む際には、きちんとした見積もりを要求しないと、トラブルになるケースもあります。 ハクビシン駆除はどうしても専門家に任せるしかないので、悪質な業者も横行しています。5万円以下と格安であったり、見積もりを出すのを嫌がったり、具体的な駆除方法の説明がない場合は注意が必要です。